善福寺水と緑の会は、現在残されている東京の自然に親しみ、人との関わりを体感しながら、自然と都市との共生を考える目的で、2005年4月に設立、同年9月にNPO法人として活動をスタートしました。

ごあいさつ

NPO法人「善福寺水と緑の会」は、豊かな緑と地下水に恵まれた武蔵野台地に残る善福寺公園、石神井公園、井の頭公園、国分寺崖線・野川流域などを対象に、広範囲の自然環境教育や自然環境保護に関する普及・啓発事業を行い、そのことを通して、この地域を自然環境と都市機能を同時に享受できる豊かな社会として、次の世代へ継承していくことを目指しています。
木の名前、鳥や昆虫の名前、花の名前。この地域に根付き、息づいている命を知ることが、先ずは自然に親しみ、理解する第一歩と考え、「武蔵野台地の自然を楽しむ・守る」を合言葉に、自然観察会、講演会等の活動を行っています。特に善福寺公園では、すべての樹木の名前、幹周り、樹高を測定し、データベース化する「毎木調査」に取り組み、既にこのデータに基づき、「善福寺公園樹木マップ」、「善福寺公園樹木40選」、「善福寺公園花見頃マップ」を作成し、ホームページに掲載しています。
お気軽にご参加いただき、ぜひ残された自然を楽しんでください。
お待ちしています。



法人概要

名称特定非営利活動法人 善福寺水と緑の会
URLhttps://zenpukuji.org
所在地〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-7-13
TEL/FAX03-3392-8066
役員理事長 :小谷 武彦
理事  :川田 忠通
理事  :大塚 康高
理事  :稲津 ツマ子
理事  :岩垂 重雄
監事  :柴田 貞子

お気軽にお問い合わせください。TEL&FAX 03-5930-5936受付時間 9:00-18:00 [ 年末年始除く ]

お問い合わせ